セブ島に来る前に知っておきたい生活費や治安、ビザまとめ
セブ島生活

セブ島で1ヶ月にかかる生活費

フィリピンペソ、生活費 日本の物価の1/2〜1/3と言われているフィリピンですが、実際の生活費はどのくらいかかるのでしょうか?これは本当に人それぞれです。やはり日本と同じくらいの生活水準を求めるならそこまで日本と変わらないかもしれません。 生活レベル別に1ヶ月の生活費をご紹介します。

現地人と同レベルの節約セブ島生活の場合

現地人と同じレベルとはフィリピン人が住むのと同じレベルの部屋、食事をした場合のことです。フィリピンローカルレベルは例えば部屋なら蟻やトカゲ、蛙はいて当たり前とか、食事ならローカルなので常にハエがいたり、猫や犬が寄ってくる中でご飯を食べるといった感じです。 これを行うのはかなりのチャレンジャーですが、1ヶ月位なら勇気のある方は試してみても良いかもしれません。ちなみにセブの家は基本的に家具付きの部屋なので、引っ越したその日から生活できるのが便利ですよ! 一切娯楽がなく必要最低限生きていくのに必要なお金だけ計算すると、11,300ペソ位です。これに各個人の交際費や交通費を足すと大体20,000ペソ弱位で生活できます。日本円にすると約43,000円位です。日本から考えるとだいぶ安いですが、あくまで必要最低限の出費で抑えた場合です。
内訳 家賃:5,000ペソ〜(都心のセブシティならシェアでこのぐらいの値段です) 電気代:1,000ペソ〜 水道代:60ペソ〜300ペソ 食費:約5,000ペソ(毎食ローカルの食堂カレンデリア(カンティン)を使用した場合) 合計:11,300ペソ

日本と同じレベルのセブ島生活の場合

続いて現実的に考えてローカルレベルでは生活できない方向けです。セブ島生活での費用は一切娯楽がなく必要最低限だけ計算すると29,900ペソです。これに各個人の交際費や交通費、カフェなどに行く雑費を考えると50,000ペソぐらいかかります。日本円にすると10万円位です。 毎週どこかにでかけたり飲み歩いたりするわけでなくてもこのくらいかかります。それでも日本からすると全然安いので寒い時期など日本を抜け出してセブでバケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。
内訳 家賃:15000ペソ〜 電気代:1,000ペソ〜 水道代:60ペソ〜300ペソ 食費:約13600ペソ(普段はチェーン店や自炊、週一で日本食の場合) 合計:29,900ペソ

留学生の生活費

留学費用などは事前に支払うので純粋に現地でかかる飲食や娯楽費用などをご紹介します。また、月〜金は3食ついているところが多いので飲食は土日だけで換算しました。 飲食代以外かかる費用は本当に人によって様々です。勉強熱心であまり、娯楽に関心が無い方は飲食代に雑費をあわせて10,000円くらいあれば生活できます。一方せっかくセブに来たのだからクラブに行ったり、アイランドホッピングジンベイザメツアーに参加したいと考えると、40,000円くらい必要です。多く見積もっても50,000円あればセブ島生活を十分に楽しめます。
主な出費 飲食代:8000円ぐらい(普通のレストランに土日のみの場合) クラブ入場料:約200ペソ ビール1本:30ペソ 映画1本:200〜300ペソ

フィリピンのビザ

ビザ セブ島は近年観光目的の方のみならず、格安留学ができるとあって留学先としても人気が高いです。その際、気になるのはビザです。観光だけでなく様々な目的でセブに来られる方向けに最適のビザをご紹介します。

観光目的(30日以内)

フィリピンは30日以内ならビザが無くても入国できます。ただし、下記の条件を満たした方のみです。
フィリピンの入国条件 ・入国する際に帰国便もしくは、第三国への出国便への航空券をもっている ・帰国日まで有効なパスポートを持っている
フィリピンへ入国する際にも提示が求められますが、日本から出国する際にも提示が求められることがあるので提示できるようにチケットは用意しておきましょう。

観光目的(31日以上)

31日以上滞在する人は必ずビザの申請が必要です。不法滞在した場合罰金が取られます。フィリピンに入国する前から31日以上滞在がわかっている人は日本のフィリピン大使館でビザの申請もできます。費用は無料ですが、5営業日ほど時間がかかりますし、必要な書類が多いのでフィリピンでやる方がおすすめです。

留学生向けビザ

語学留学する方は、滞在期間に関わらず必ず取得しなればならないのがSSP(Study Special Permit)と呼ばれる特別修学許可証です。 申請は留学先の語学学校が代行してくれることが多く、難しくはないです。写真3〜5枚とパスポートがあればやってもらえます。費用は代行費用も含めて13,000〜16,000円くらいです。有効期限は半年なのでそれ以上留学予定の方は更新が必要です。

リタイアメントビザ

こちらはセブに長期滞在したい方向けです。リタイアメントビザという名前ながらも35歳以上から取得可能です。預託金が必要ですが、額は年齢と種類によって異なります。基本的に2万USドル(約224万円)あれば申請可能です。 申請中はフィリピンをでることはできませんが、取得後はフィリピン滞在の義務もなく、就労、就学可能とあって人気なビザです。家族での長期滞在を考えている方にはおすすめかもしれません。

セブ島の治安

セブ、治安 セブ島は比較的治安は悪くないです。命に関わるような犯罪に巻き込まれることはあまりありません。しかし、観光客を狙ったスリや置き引きなどは多発しているので注意しましょう。もちろん、日本と同じ感覚で女性ひとりで夜出歩いたりするのは危険です。 注意力を持って行動しましょう。リゾートエリアは一番セキリティも厳しく安全ですが、一歩外を出るとストリートチルドレンなど物乞いも多いです。携帯を見ながら歩いたり、道で貴重品を取り出したりする行為はしないようにしましょう。 以下の注意するポイントを守って楽しいセブ島旅行にしましょう。
注意するポイント ・iphone等携帯をむやみに取り出さない ・カバンは前に抱えて持つ ・日本語で現地人に話しかけれても相手にしない ・多額のお金を持ち歩かない

セブ島の交通事情

セブ島には日本と違って電車がありません。タクシーはありますが、他にどのような交通手段があるのかご紹介します。

ローカルのフィリピン人の交通手段

ハーバルハーバル バイク こちらはバイクタクシーです。正規のハーバルハーバルドライバーと隙間時間で副業的な感じでやっているハーバルハーバルドライバーの2種類います。値段は交渉しだいなのでまちまちですが大体1km=10ペソくらいが妥当です。 もちろん日本人はぼられるので根気強く交渉するか、以下に紹介するAngkasを使ってみてください。こちらはぼったくられることはありません。 トライシクル トライシクル トライシクルとはサイドカー付きのバイクです。ちなみに自転車もあります。基本的にエリアが決まっていてそこまでしか行ってくれません。しかし、観光客の私達からするとどこかどこまで乗れるのかがわからないので乗るのが困難な乗り物です。料金は1メーター7ペソぐらいです。これは複数人で乗り込んだ場合で、1人きりだとこの2倍の料金が取られます。セブシティよりリゾートエリアのマクタン島の方が多く見かけます。 ジプニー ジプニー これはセブでは本当によく見かけるバスみたいな乗り物です。ただし、日本のようにバス停があるわけでも降りるためのボタンがあるわけでもありません。好きなところで呼び止めてすきなところで降りられるのである意味日本のバスより便利かもしれません。料金は基本的に7ペソです。20分以上乗ったなと思ったら10ペソ払うぐらいの感覚です。 乗り方はタクシーに乗るときのように手を振れば止まってくれます。降りる時は「ルガーラン」と言う。もしくは、コインで手すりをカンカンと鳴らせば止まってくれます。ジプニーもトライシクルと同様に走るエリアが決まっていたり、スリにあう危険もあるので観光客の方にはあまりおすすめしません。

便利な配車サービス

上で紹介したのはローカルのフィリピン人が使う交通手段です。観光で来られる方にはちょっとむずかしいかもしれないので、以下に便利な配車サービスをご紹介します。 Grabやangkasの使用にはフィリピンでの携帯番号が必須です。simフリーの携帯をお持ちであれば、100ペソ位で電話番号が手に入りますしとっても簡単です! Grab フィリピンだけでなく今や世界中で有名な配車サービス。日本で浸透指定内のが残念なくらいです。使い方は簡単でアプリをダウンロードして出発地と目的地を選んだらドライバーとマッチするのを待つだけ! 乗る前に値段がはっきりとわかるのがいいところ。流しのタクシーのようにぼったくられることがありません。アプリを開くとわかるのですが、Grab taxi とGrab car どちらか選ぶことができます。 何が違うかというとGrab taxi は値段に幅があって道路状況によって値段が変わります。使った感じだと上限一杯まであがることはほぼ無いです。大体真中ぐらいです。あと予約金として+30ペソです。 一方 Grab car は値段が固定で最初から料金が決まっています。予約金もかかりません。ただし、Grab taxi の最低料金より高く設定されています。 状況に応じて好きな方を選ぶと良いです。Grabに限らずですが、基本的にお釣りを持ってないので小銭で崩してから乗るようにしましょう。 Angkas アンカス AngkasはGrabのバイク版です。Angkasをダウンロードするにはフィリピンの携帯からかフィリピンのGooglePlayやAppleStoreからでないとできないので面倒かもしれません。 ただ、やはりバイクなのでGrabより圧倒的に安いです!1km16ペソくらい。距離や交通事情によって値段は多少変わります。お金のない語学留学生とかにおすすめです!

セブ島の病院事情

病院 セブ島に観光で来られた方や留学生の方が一度は心配するのが、病気になったらどうしようだと思います。今回なそんな方のためにセブの病院事情を紹介します。 まず、病気かもと思ったら必ず病院に行きましょう。安心の日本語で受診ができるのがジャパニーズヘルプデスクです。 ジャパニーズヘルプデスクとは海外旅行保険に加入されている方を対象に保険代行サービスとキャッシュレス受診のサポートをしてくれるサービスです。日本人スタッフが在中しているのでドクターとの間に入って通訳してくれるので安心です。 ただし、クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合期限があり、期限が切れていたら保険は効かないので注意してください。自分のクレジットカードの保険が有効期限内かどうかもチェックしてくれるのでとりあえず行ってみましょう。保険に加入されていない方は現金支払となります。 セブ市内だとセブドクターズ病院とチョンワ病院の中にジャパニーズヘルプデスクが入っています。 チョンワ病院に行く場合は「ロビンソン・サイバーゲート」と言うと伝わります。 セブドクターズ病院の場合は「セブドクターズホスピタル・キャピタルサイト」と言うと伝わります。 予約が無くても受診できますが、電話で予約したほうがスムーズに受診できます。 症状・いつ頃からか・海外旅行保険の加入の有無・診察希望時間を伝えましょう。
電話番号 ●セブドクターズ病院(ジャパニーズヘルプデスク) 032-318-6507(日本語可) ●チョンワ病院(ジャパニーズヘルプデスク) 032-318-6057(日本語可)
 

About Author

Tanaka Taku
Taiken

Comments

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください